中部支部

中部支部は、東海3県を中心として、静岡県の天竜川以西、北陸地区の富山県、石川県などの地域に所在する 自動車部品製造メーカーの会員企業で構成されています。

本部ならびに各支部との連携をはかりながら、 地元会員企業のニーズに合わせた支部独自の部会活動を通じて、 各種の講演会や優良企業工場見学会、施設見学会、各種セミナー・研修会などを行っています。

JAPIA 中部支部 新着情報

【運営委員会・議事録】2018年4月19日

2018年4月19日、名古屋観光ホテルにおいて、H30年度中部支部・第1回運営委員会を開催いたしました。


【環境部会・講演資料】脱炭素社会(2018.03.09)

去る3月9日(金)、TKP名古屋栄会議室で開催された「脱炭素社会に向けたパリ協定時代は企業も主役」の小西雅子氏(WWFジャパン)の講演会資料を掲載いたします。

掲載資料: 「脱炭素社会に向けたパリ協定時代は企業も主役」

     ~COP23で鮮明:企業や自治代など非国家アクターが先を走る~


【環境部会・視察報告】アイシン精機(株) 衣浦工場(2018.02.15)

アイシン精機 平成28年度省エネ大賞の省エネルギーセンター会長賞を受賞したアイシン精機(株)衣浦工場の『塗装工程のVOCとCO2の同時削減』を目指した省エネ活動の取り組みを見学いたしました。部工会会員企業各社の環境保全活動の参考にしたいと思います。



【中小企業部会・視察報告】オークマ(株)(2018.01.30)

オークマ(株)(2018.01.30) オークマ(株)では、量産レベルの生産性を保ちながら多品種少量生産を実現すべく、最新の自動化・無人技術、先進のIoTと現場の知恵(ノウハウ)を融合させ、高効率・高付加価値生産に取組み、『自動化と熟練の技が織りなす未来工場 Dream Site』を構築しています。今回は、工作機械メーカーが考える新世代スマートファクトリーを見学し、IoT導入活用の参考とさせていただきました。


【環境部会・視察報告】トヨタ車体(株)いなべ工場(2018.01.23)

トヨタ車体(株)いなべ工場(2018.01.23)トヨタ車体(株)は、第5次「環境取り組みプラン」(2011~2015 年度活動)のCO2排出量削減目標達成のために、従来の省エネ量の4倍もの削減を目指し、国内4工場(本社・富士松、刈谷、いなべ、吉原)で省エネマネジメント改革など抜本的な取り組みを進めてきました。 今年度に活動が評価され、平成28年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したトヨタ車体㈱の主要4拠点のなかでも、いなべ工場は大きな省エネを実現されています。   
積極的な省エネ活動に取組むトヨタ車体(株)いなべ工場を見学し、部工会会員企業各社の環境保全活動の参考にさせていただきました。


ページ上部へ戻る

中部支部の活動

中部支部フォトギャラリー

フォトギャラリー

▼お問合せ先

中部支部:桜井典子 052-971-5230

chyubu@japia.or.jp