JAPIA イベント案内

自動車産業適正取引ガイドライン・下請法 セミナー

 日本自動車工業会(自工会)と日本自動車部品工業会(部工会)は、日本のものづくりの競争力強化の一環として、平成18年に経済産業省が策定、その後改訂されている「自動車産業適正取引ガイドライン(ガイドライン)」に基づき、取引適正化に努めてまいりました。
また、自工会と部工会は、連携して、「自動車産業適正取引ガイドライン・下請法セミナー」を実施し、ガイドラインを社内に徹底するとともに、取引先へ周知し、共有を行ってきました。経済産業省では、経済産業大臣の掲げる「未来志向型の取引慣行に向けて」を踏まえて、「自動車産業適正取引ガイドライン」の改訂を進めております。
今般、適正取引推進をさらに一歩進めるために、自動車産業をはじめとする各業界団体では、自主行動計画をとりまとめて、サプライチェーン全体の更なる取引の適正化に向けて取り組んでおります。
今回、自工会と部工会は、「自動車産業適正取引ガイドライン・下請法 セミナー」を全国9 ヵ所で開催致します。
部品・素形材等の取引に携わっておられる貴社の購買・調達部門等の実務ご担当者や営業部門等へ展開頂き、また、サプライチェーン全体での取引適正化が進むように、取引先様にもセミナーのご紹介を頂き、ご参加をお願いいたします。

詳細は、下記をご参照ください。

自動車産業適正取引ガイドライン・下請法 セミナーご案内(PDF 205KB)

 → セミナーのお申込みはこちらから



ページ上部へ戻る

INDEX

自動車産業適正取引セミナー