JAPIA お知らせ

【会員向け】JAPIAトピックス

今月から部工会の取り組みを広く会員の皆様に知っていただくため、毎月1回JAPIAトピックスとして部工会の活動を取り上げ情報発信を行って参りますので、よろしくお願い申し上げます。

JAPIAトピックス No.4 (2018年1月)

■関係団体との懇談会の実施

 素形材団体や自工会と当会にて、懇談会を開催致し、両団体と取引適正化に関する意見交換をし、連携をしていくことを確認しました。


■BCP(事業継続計画)演習の実施について

 地震が発生した場合を想定したBCP(事業継続計画)演習を10月から11月に全国6会場で実施しました。参加者の方は、架空の自動車部品メーカーの災害対策本部メンバーとして、事業継続を推進するために、課題を認識する機会としていただきました。


■改善難しい中国の模倣品に対する意識

 昨年11月下旬から12月上旬にかけてオートメカニカ上海に出展し、反模倣品啓発活動を展開しました。毎年実施しているもので、今回もアンケートを実施したところ、模倣品と知りながら購入している割合が40%に達し、大変懸念されるところです。


■ランプ部会の活動について

 自動車用ランプの国内外規格の標準化活動を続けている部会です。最近は、GTB国際会議に参加しECE規則の制改定に関する情報収集を行っている。今年は、5月に京都で国際会議があるので日本の自動車部品産業をアピールする絶好の機会である。



 詳細は会員専用ページでご確認ください

ページ上部へ戻る

INDEX

WEB展示会出展のお願い

LCA日本フォーラム表彰

JAMAシートver.3. 0改正内容<案>

11カ国によるTPPの大筋合意

TPP11早期実現の要望

JAPIAトピックス(会員)

日EU・EPA大枠合意について

自主行動計画

TPP協定早期実現の要望