JAPIA 活動

JAPIA共通の「サプライヤ情報収集シート(推奨版)」

当会リスク対応標準化WGでは、会員企業のサプライチェーンにおけるリスク対応業務の精度を向上するための対策を検討してまいりした。
今般、WGの活動成果として、災害時においてサプライヤからの情報収集方法・内容を設定し、各リスク案件に対応可能な情報収集シート「サプライヤ情報収集シート」を作成いたしました。
貴社および関係会社、サプライヤ等に展開のうえ、災害時における情報収集ツールとして幅広くご活用お願いいたします。


「サプライヤ情報収集シート」の活用は、「活用要領」をご参照ください。

■サプライヤ情報収集シートの特徴

(1) 顧客の要求を最大公約数的に分析し標準化し、「標準的な報告納期」、「調査方法および項目」を設定することで、サプライヤの負担、抵抗感を低減。

(2) サプライチェーン上のサプライヤの被災状況を統一フォーマットで把握。

(3) 状況に応じ、段階的にサプライヤから情報収集が可能。

 ・初報でサプライヤの被災の有無を確認。

 ・2報以降で、部工会会員個社が、被災のあったサプライヤに的を絞り、
  顧客報告と供給継続シナリオを明確化。


★ご注意

【マクロのセキュリティ設定の関係でエクセルが起動しない場合】

各社様のマクロのセキュリティ設定により、エクセルが起動しない場合がございます。

その際には、各社様のシステム部門等にご確認、ご了解をいただき、設定の変更をして、エクセルの起動お願いいたします。

詳細については、マイクロソフト社サポート等の「Excel のマクロのセキュリティ設定を変更する」を参照ください。

《エクセルのファイル→オプション→セキュリティティセンター→セキュリティセンターの設定》

【セキュリティ設定の変更が難しい場合】

添付しておりますエクセル「【JAPIA】サプライヤ情報収集シート(マクロ無)」をご利用ください。


サプライヤ情報


サプライヤ情報


【問合せ先】

一般社団法人 日本自動車部品工業会 担当者:尾関、持丸

E-mail:ozeki@japia.or.jp (尾関) mochimaru@japia.or.jp (持丸)

TEL: 03-3445-4214

FAX: 03-3447-5372

 

ページ上部へ戻る

INDEX

自動車部品工業会の活動

CSR/リスク対応活動

CSR(企業の社会的責任)の取組み

BCPガイドライン

JAPIA共通「サプライヤ情報収集シート

防火点検シート

知的財産権

JAPIA知的財産権部会活動の紹介

知的財産権関連冊子の作成

支援事業紹介(特許庁)

反模倣品活動

反模倣品活動

模倣品対策共同声明

模倣品取締り機関向け活動

模倣品問題説明会

自動車部品ショーでの取組み

模倣品対策ツールコーナー

模倣品関連リンク集

安全問題

チャイルドシートの国内出荷台数

電子情報標準化

EDI部会活動

JNX

環境問題

JAPIA LCI算出ガイドライン

環境自主行動計画

支部活動

関東支部

中部支部

関西支部