EPA 原産性調査に関する説明会開催について

部工会は、経済産業省にもご協力いただき、EPA原産性調査に関するJETROウェビナー(説明会)を自工会と共催いたします。

EPA原産性調査は、調査そのものの難しさに加え、部品点数の多さやサプライチェーンの深さなど自動車業界ならではの課題があります。部工会・国際物流WGでは、これらの解決に向け、自工会と協力して調査のガイドライン策定や業務の標準化を進めてきました。標準化した業務を更に効率化するため、自工会・部工会でシステム開発の委託先を選定、
要件定義なども協力して進め、本年9月にそのシステムが稼働いたします。

今回のウェビナーは、システム稼働に向け、自動車業界としてEPA/FTAの活用が自動車業界にどういった影響を与えるか、EPA/FTAを活用するためにはどんな課題があるか、
自工会・部工会でその課題解決にどう取り組んできたかをご説明します。

EPA原産性調査は、部工会会員だけでなく仕入れ先企業にも関係する調査です。会員企業の皆様にウェビナーをご視聴いただくとともに、是非仕入れ先企業へもご案内いただき、EPA原産性調査への理解を深めていただきたく、ご案内申し上げます。

JETROウェビナーご案内
日時:2020年7月17日(金)13:30~15:30
プログラム・お申込み:https://www.jetro.go.jp/events/ora/4aedfbcdb35cede0.html
※7/17(金)のライブ配信終了後、オンデマンド配信も予定しています。