日・中社会保障協定に関する実務説明会 開催のご案内

日本と中国の社会保障協定が、2019年9月1日に発効することとなりました。
この協定の締結により、派遣期間が5年以内の一時派遣被用者(企業駐在員等)は原則として、派遣元国の年金制度にのみ加入することになり、企業及び企業駐在員等の負担が軽減され、両国間の人的及び経済交流が一層促進されることが期待されます。

協定発効に伴い部工会では、厚生労働省及び日本年金機構より講師をお迎えして、7月23日(火)に東京、7月24日(水)に名古屋にて、実務説明会を開催いたします。説明会終了後に個別相談会も下記の要領にて開催いたします。関係の皆様に広くご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

【開催概要】
●東京会場 【定員100名】
日時:2019年7月23日(火)15:00~16:30
場所:くるまプラザ 第1・第2・第3会議室(東京都港区芝大門1-1-30 1F)
http://towa-kaigi.com/kuruma/map.html

●名古屋会場【定員100名】
日時:第1部 2019年7月24日(水)13:30~15:00
   第2部 2019年7月24日(水)15:30~17:00
場所:名古屋栄ビル 特別会議室(愛知県名古屋市東区武平町5-1 12F)
http://nagoya-sakaebuilding.com/conference/access.html

●内容(両会場共通)
「日・中社会保障協定に関する実務説明会」
前半45分 「日・中社会保障協定」の実務説明及びその他の主な国との社会保障協定の進捗状況説明
後半45分 質疑応答、その後個別相談
※前半の説明は、6/25、26東京、7/1大阪の日本在外企業協会主催の説明会と同内容です。

●講師
厚生労働省 年金局 国際年金課 ご担当官様
日本年金機構 事業企画部 国際事業グループ ご担当者様

案内状

申込フォーム


●本件お問い合わせ
業務部 尾関(TEL03-3445-4214)、国際部 笠原(TEL03-3445-4213)