【講演会】自動車業界を取り巻く標準化問題のご案内

知的財産権部会では、昨今の標準化特許に係る講演会を実施いたします。AIの活用、IOTの進展等に伴い、例えば情報通信技術の標準必須特許(SEP)のライセンス交渉をめぐる異業種間の紛争が増加傾向にあります。今回の講演では、SEPをめぐる最新の状況や課題、紛争事例などを紹介し、特許庁作成のライセンス交渉に関する手引きに基づく論点整理等を通じて、Connected Industryを謳う自動車関連業界への今後の影響、留意点などを探ります。実施概要をご参照いただき是非ご参加を検討いただければ幸甚です。


※複数人で聴講する場合であっても、1名ずつ申込登録をお願い申し上げます。
※参加者には追ってzoomの招待をお送りいたします。

開催概要
日時:2020年12月11日(金)午後2時00分~3時10分(開場開放:1時50分~)
1・事務局挨拶 午後2時00分 ~ 2時10分
2.講演会   午後2時10分 ~ 3時10分(講演45分、質疑応答等15分)
 演 題:「自動車業界を取り巻く標準化問題(仮称)」
 講演者:特許庁 総務部 企画調整課 課長補佐 天野 皓己 様
                同課 法制専門官 弁護士 比留川 浩介 様
 形 式:zoom
 申 込:12月3日(木)締切、定員60名まで
 費 用:無料
 案内状:こちらよりご参照ください。
 ※内容は事前の予告なく変更することがあります。

   申込はこちらからお願いいたします。
 
一般社団法人日本自動車部品工業会 国際部 日高 hidaka@japia.or.jp 03-3445-4213