講演会 知財ポートフォリオマネジメント ー CASEの時代に向けてー 開催のご案内

知的財産権部会主催で標記講演会知財ポートフォリオマネジメント ー CASEの時代に向けてー」を開催いたします。

「知財ポートフォリオとは、出願・保有する特許網を指し、特許件数や技術分野、製品分野、出願・登録年別等で分類することで、経営戦略の策定や競争力の評価に役立てることができる」
 CASE時代に向け、これまでの同業者だけではなく異業種からの事業参入にも視野を拡げ、異業種でのモノの見方や考え方を取り入れたポートフォリオ管理を実施する必要が迫ってきております。知的財産権部会は、貴社知財戦略・マネジメントのご参考としていただきたく知財ポートフォリオマネジメントに関する講演会を開催いたします。今回は我々の業界からみて異業種であるセイコーエプソン殿にご講演いただきますので以下実施概要等をご参照いただき是非参加をご検討いただければ幸甚です。

■実施概要
日時:2021年12月9日(木)13:30~15:00(講演80分、質疑応答10分)
形式:zoomによるウェビナー
講師:セイコーエプソン株式会社 VP事業戦略推進部 エキスパート 小嶋輝人氏
内容:
 ◆CASEの時代に向けた環境変化(マクロな環境変化)
   既存の自動車業界構造を崩す異業種参入が知財障壁の重要度を増加させる
 ◆セイコーエプソン知財部門の歴史
   電機・精密機器業界における知財戦略模索の経緯
 ◆強い特許力の形成
   競争優位性のもとになる強い特許ポートフォリオの目指す姿(特許クラスター)
 ◆有効な知財戦略
   他社の技術開発の流れに影響を与える特許戦略の考え方(特許ステータスマップ)
 ◆他社の動向把握
   競合または共創相手の動向を知るためのIPランドスケープ
 ◆オープン&クローズ戦略の実現
   オープンイノベーション活動とBP活動の巧妙な仕掛け
 ◆プロアクティブな事業貢献
   先手の活動姿勢で活動の形骸化を防ぎ継続的な事業貢献を果たす
 ◆業界特有の事情と知財部門の規模に応じた考え方
   障壁は特許だけで形成されているわけではない(小規模知財部の戦略)
費用:会員企業無料
※事前予告なく内容が変更される場合がございます事前にご了承ください。
案内状:こちらをご参照ください
講師略歴および講演概要:こちらをご参照ください。
申し込み:こちらよりお申し込みください。 申し込み締め切り11月26日(金)17:00まで
※zoom招待等については、開催前日までに送付いたします。届かない場合は、下記担当までお問い合わせください。


お問い合わせ先
一般社団法人日本自動車部品工業会 国際部 日高 kokusai2@japia.or.jp