米自動車市場の動向(ウェビナー)~バイデン政権がリードする米国のEV、クリーンエネルギー戦略は正しいか~

部工会では本年3月にJAPIA北米代表(デトロイト在住)を講師に、北米の自動車市場や業界動向についてウェビナーを開催いたしました。5か月程度経過しておりますため、その後の自動車の生産・販売の状況や直近の動き(米国バイデン政権のEV戦略のその後の動き、半導体不足の現状、コンテナ不足を要因として滞留している港の状況等)について、米国駐在の視点から解説するウェビナーを開催いたします。

ご多忙中とは存じますが是非、北米事業に関わる皆様、北米に駐在されている皆様にご出席いただきたく、下記の通りご案内申し上げます。


なお本ウェビナーは当日の講演を録画し、後日、予め日時を決めて配信する予定です。配信につきましては、詳細が確定次第改めてご案内申し上げます。



1 日時・開催方法
日  時:827日(金)09301030(日本時間・予定。質疑応答を含む。)
開催方法:zoomによるウェビナー(お申込者に当日のURLをお送りします)

2 講演内容(予定)
「北米自動車市場の動向~バイデン政権がリードする米国のEV,クリーンエネルギー戦略は正しいか~」
北米の自動車販売・生産の現状(本年3月以降の近況)、米国のEV、クリーンエネルギー戦略の動向、半導体不足や港湾の混雑状況等について講演し、その後質疑応答を行います。

3 申し込み方法
824日(火)1700(日本時間)までに、こちら【締め切りました】

本件のお問い合わせは、部工会国際部(kokusai@japia.or.jp)まで。