東南アジアの新型コロナ対策セミナー -感染拡大と医療のひっ迫にどう対応するか -

 最初の感染が確認されて1年半以上が経過し依然終息が見えない新型コロナウイルスですが日本では第5波が、また東南アジアではロックダウンに追い込まれる国がでてくる状況となっております。
 当会としては、このような状況を鑑み会員企業が多く進出している東南アジア3カ国(タイを中心したマレーシアおよびベトナム)をテーマとした標記セミナーを開催いたします。
駐在員の帰国および赴任タイミングに係る考え方についてお困りの企業様には是非ご参加いただけますと幸いです。セミナー対象は本社管理部門のご担当者様としますが現地からの参加も是非ご検討いただきたく宜しくお願い致します。

 また今回は現地旅行会社による報告のみならず、本社と現地サイドの現況下における認識の違いをご確認いただけるよう講師や参加者間における相互コミュニケーションを促進できる形式にて開催いたします。下記実施概要をご参照の上、是非ご参加を賜れれば幸甚です。

実施概要
日時:9月16日(木)14:00~15:30(90分)
形式:zoomミーティングによる相互コミュニケーション型セミナー
費用:無料
定員:30名まで
内容:1.感染急拡大地域の課題 
   2.新規感染者数推移
   3.医療機関・帰国便について
   4.推奨事項 等
講師:安全サポート株式会社 代表取締役 有坂 錬成氏
                取締役 高石 純吾氏

案内状:こちらをご参照ください。
申込:こちらからお申し込みください。 (締め切り9月9日17:00まで)
備考:タイをメインテーマ国とし、他の2カ国はタイとの差異についてご説明します。

 


問い合わせ:一般社団法人日本自動車部品工業会 国際部 日高 hidaka@japia.or.jp