【7/23】自動車産業激変の年~部品メーカーの生き残り策は~(会員限定)

当支部では、「次世代自動車」をテーマに、自動車業界を取り巻く現状と未来について
お話頂く講演会を開催致します。

今回は、三菱自動車のEV「i-MiEV」の開発に携わり、現在は、日本初のe-mobilityコンサルタントである
日本電動化研究所の和田様に、自動車の電動化の伸展やMaaSの拡大等、
激変の年における自動車部品メーカーの生き残り策についてお話頂きます。
参加希望の方は、下記の申込フォームに必要事項を入力し、お申込みください。

※本講演会は、会員限定です。
 

テーマ:自動車産業激変の年~部品メーカーの生き残り策は~


講 師:株式会社日本電動化研究所 
    代表取締役 和田憲一郎 様

講演概要

 自動車が誕生して140年余り。これまで順調に成長してきた自動車産業が2018年より変調をきたしている。米国・中国では販売が低迷する中、電気自動車、プラグインハイブリッド車は伸展している。さらに「所有から利用へ」というように、ライドシェア、モビリティのサービス化(MaaS)などが拡大している。
 このように激変する自動車産業において、部品メーカーはどのような生き残り策を考えれば良いのか、筆者の考えを紹介する。

 

日 時:2019年7月23日(火)13:30~15:30

会 場:自動車部品会館 6階 「601会議室」

定 員:50名 ※1社2名まで

参加費:無料

申込締切:7月16日(月)※定員に達し次第終了


開催案内・講師略歴はこちら【PDF】

申込フォームはこちら

<問合せ先>
東日本支部担当:加藤 TEL:03-3445-4212 /メール:kato-yosuke@japia.or.jp