中日本支部活動

▼中日本支部定例行事

通常年次会、運営委員会、各種懇談会、海外産業視察会、各種セミナー、展示会への出展企画、ゴルフ会など。

▼環境部会

環境保全に関する情報の提供と啓蒙を目的とした講演会・事例発表会、施設見学会、環境保全事例集の発行など。

▼中小企業部会

経営施策を目的とした各種講演会、工場見学会、各種研修会への派遣、ものづくり支援活動など。


 

2022年度事業計画

▼支部定例の行事と事業

  1. 通常年次会を5月に、運営委員会を年2回開催する。(4月、12月)
  2. 懇談会と講演会を開催し、経済産業省や中部経済産業局などの関係官庁及び関係団体と交流を深めると共に、会員企業同士の交流と意見交換を行う。
  3. カーボンニュートラル・電動化の進展が加速する中、グローバルな自動車産業の最新動向に関する各種講演会、法務・財務などのさまざまな説明会・セミナーを通じた会員企業への情報提供と会員相互の研鑽を図る。
  4. コロナ禍に契機を発した在宅勤務やフレックス勤務などの働き方改革や Web活用による支部事業実施方法の見直しをポストコロナにおいても 継続し、会員企業にとってより効果的、利便性の高い活動を推進する。

▼環境部会の活動

  1. 環境部会では、カーボンニュートラルが加速する状況の中で低炭素化の具体的な動きや対応事例、SDGs関連の環境保全活動の取り組み等、会員企業各社にとって重要且つ有益な情報を講演会や見学会の開催を 通じて情報提供、支援を行ない会員への啓蒙と会員相互の研鑽を図る。
  2. 定例の環境保全に関する講演会・事例発表会に加え、温暖化防止や環境負荷低減を目指した活動を展開している優良施設見学会を行い、目標の高いCO2排出削減の取り組み、地球環境問題への対応などを会員企業各社で実施出来るよう情報提供と支援活動を行う。
  3. ものづくりに関わる企業として、多様なエネルギーの利用、資源の有効利用、廃棄物削減などの取組みを求められる中、省エネ生産プロセスの開発、リサイクル製品設計、製品ライフサイクル全般に渡る環境負荷低減などを高いレベルで実現して行くための情報提供と支援活動を進める。

▼中小企業部会の活動

  1. 中小企業施策委員会と連携し、カーボンニュートラルや電動化、次世代 自動車関連情報の講演会・セミナーの提供頻度を上げ、新分野・新事業への参入促進を支援していく。
  2. 会員企業各社での「ものづくり力向上」を目的とした継続的な活動を重点として、講演会・工場見学会などを企画、開催し、現場改善と企業体質強化活動を支援していく。 また、本部、他支部との共催による見学会や講演会を実施し、会員企業 全体の情報共有を図っていく。(補修部品、二輪部品含む)
  3. 会員企業のニーズに基づいた中小企業大学校(瀬戸校)や本部と連携した大手会員企業でのチームリーダー育成研修などの開催・派遣を実施して、企業スタッフの人材育成を支援する。