【8/2】講演会「コンプライアンス経営の実務」の参加者募集

東日本支部では、「企業のコンプライアンス」をテーマに講演会を企画致しました。
今回は、警察大学校の樋口晴彦教授から、企業経営者も納得できる実務的なコンプライアンスの指針と
不祥事の具体的な事例をもとに誘発するメカニズムについてご説明頂きます。
業務ご多用の中、誠に恐縮に存じますが、是非ご出席賜りますようお願い申し上げます。

 

演題:コンプライアンス経営の実務

講師:警察大学校 警察政策研究センター 教授 樋口晴彦 様
 

<講演概要>
企業不祥事研究で高名な警察大学校の樋口晴彦教授から、企業経営者も納得できる実務的なコンプライアンスの指針をご提示頂く。その内容としては、性能偽装事件や重大事故などの具体的な事例をもとに、不祥事を誘発するメカニズムとして、非効率な作業環境、修繕費の一方的な削減、監視体制の不備、成果主義の弊害、社内教育の不足や形骸化、無意味な手続き増加による現場の疲弊などについて詳しく解説する。


日時:2019年8月2日(金)13:30~15:30

場所:自動車部品会館 6階「601会議室」

定員:50名

申込締切:7月26日(金)

申込フォーム

開催案内/講演概要・講師略歴

<問合せ先>
東日本支部担当:加藤 
TEL:03-3445-4212/MAIL:kato-yosuke@japia.or.jp