活動

2021年度活動基調テーマ

  『変化に対応できるQuality Companyを目指す』
    

▼経営研修会
 1.情報交換会、講演会、勉強会の開催
   ①ウィズコロナ、アフターコロナの世界と自動車産業に関する情報提供
   ②2030年問題(人口減少、超高齢化、化石燃料車両の廃止など)へのおさらい
   ③SDGsとESGへの取組みに関する勉強会
   ④自動車技術を活用して異業種へ展開するための勉強会
 2.海外視察
   コロナ終息に向けてNEXT CHINAへの視察(アジア、南アメリカ、アフリカなど)

▼総務分科会
 1.同一労働同一賃金の考え方(評価の視点)
 2.評価制度の在り方(評価の視点)
 3.モチベーションを高める仕事の与え方(教育の視点)
 4.教育制度の在り方(教育の視点)
 5.専門職か総合職か(採用の視点)
 6.採用の在り方と方法、特にインターン制度について(採用の視点)
 7.グローバル人事の考え方(採用の視点)
 8.どんな人材を採用するのか、そして、どの様に見極めて採用していくのか(採用の視点)
 9.優秀な人ほどやめていくという問題(働き方の視点)
  10.有給休暇取得、男性の育児休暇取得、残業規制の対応(働き方の視点)
  11.キャリアを積むという仕事の考え方(働き方の視点)
  12.技能系外国人社員の増加による人事、経営の在り方・外国人労働者の増加による人事と経営の在り方(経営の視点)
  13.賃金制度、昇給制度の在り方(経営の視点)
  14.通年採用による初任給の考え方(経営の視点)
  これらの課題に関心を抱く西日本支部会員/準会員企業で、現状の課題を検討し合い、各社の採用制度、賃金制度、評価制度、教育制度について、
  あるべき姿を追求する。
   
▼生産分科会
 1.工場視察:会員企業の工場訪問による研鑽会を実施(2回/年)
 2.改善事例発表会:会員企業の若手社員による改善事例発表会(1回/年) 
 3.講演会:SDGsをテーマとした講演会(1回/年)

▼品質分科会
 1.今後のDXはじめAI、IoT等の情報処理技術の進展、併せてCASE、MAAS、SDGs、カーボン・ニュートラル等の時期到来に併せて我々がやるべき事、
    やれることを分科会の枠を取り除いて、講演会等で勉強・考察
 2.他分科会とも連携しながらDXはじめ、最新のIT情報処理技術、IT、IoT等を活用しながらモノづくりの効率化、
    品質保証体制の構築に活用している企業への視察
 3.支部または分科会メンバー相互の工場見学会

▼技術分科会
 1.ITを活用した生産ラインの在り方を学ぶ
   →先進企業若しくは会員企業の協力を得ての事例紹介
 2.WEB方式で、会員企業で実施されている改善活動の相互発表会
   →1回目:生産性向上
    2回目:品質改善(品質分科会との併催を検討)

▼DX分科会
 
1.主としてWeb形式での講演会
 2.会員各社に出向いての実践例から学ぶのはコロナ終息・収束後とし、それまでは頻度を下げてWeb形式での開催を模索


▼補修部品分科会
 1.本部の補修部品用品委員会との共同開催も含め委員会、講演会、講演会、懇親会を開催
 2.当分科会で企画する見学会や講演会は、支部方針を受けた事業として、西日本支部の会員/準会員の方々にも展開

▼JAPIA西日本倶楽部
 1.第162回 JAPIA西日本ゴルフコンペ
 2.経営者懇談会
 3.JAPIA OB会
 4.経営者懇親旅行(家族帯同行事)
 5.特別講演会(女子会含む)