JAPIA 活動

JAPIA知的財産権部会活動の紹介

JAPIA知財権部会活動の紹介

JAPIA知的財産権部会は、海外での知的財産権の侵害問題に業界として対応する事を目的として、2002年7月に設立されました。現在でも模倣品問題への取組みが最重要課題ではございますが、併せて技術流出問題や知財人材の育成、海外の特許動向に関する研究など、自動車部品業界の「知的財産権」に関する諸問題全般を対象とした活動を実施しています。

日本自動車部品工業会 会員19社

愛三工業(株)、アイシン精機(株)、曙ブレーキ工業(株)、NOK(株)、オムロンオートモーティブエレクトロニクス(株)、カルソニックカンセイ(株)、KYB(株)、(株)ケーヒン、(株)小糸製作所、(株)ジェイテクト、(株)ショーワ、(株)デンソー、(株)ニフコ、日本特殊陶業(株)、日本発条(株)、(株)パイオラックス、ヴァレオジャパン㈱、ボッシュ(株)、矢崎総業(株)

【知財権部会活動の取組み(時系列順)】

時期 主要活動内容
2003/09 ◆中国模倣品対策セミナー開催
2005/02 ◆「取引基本契約 モデル条項と解説」作成・配布(会員)
2005/12 ◆中国模倣品対策セミナー開催
2006/11 ◆オートメカニカ上海での模倣品撲滅展示活動
2007/05 ◆オートメカニカMEでの模倣品撲滅展示活動
2008/03 ◆模倣品調査会社説明会開催
2008/05 ◆中国江蘇省模倣品取締り当局向けセミナー開催(JAMAとの共催)
2008/09 ◆オートメカニカフランクフルトでの模倣品撲滅展示活動
2009/01 ◆「自社の技術情報の流出を防ぐためのてびき」作成・配布(会員)
◆同説明会開催
2009/06 ◆中国北京市内模倣品取締り機関との意見交換会
◆模倣品展示コーナー 設置
2009/10 ◆模倣品対策ツール説明会開催
2009/12 ◆オートメカニカ上海2009での模倣品撲滅展示活動
2010/06 ◆「知財人材育成のあり方」冊子作成・配布(会員)
◆同説明会開催
2010/09 ◆中国北京市・広州市内模倣品取締り機関との意見交換会
2010/12 ◆オートメカニカ上海2010での模倣品撲滅展示活動
2011/10 ◆模倣品対策ツールコーナー設置
2011/12 ◆中国上海市内模倣品取締り機関との意見交換会
2011/12 ◆オートメカニカ上海2011での模倣品撲滅展示活動
2012/02 ◆海外子会社発明管理説明会開催
2012/04 ◆中国特許研究説明会開催

ページ上部へ戻る

カテゴリ別アーカイブ