概要

一般社団法人日本自動車部品工業会(部工会)は、1969年(昭和44年)8月に前身である自動車部品工業会をより公益性の高い社団法人として改組し発足した業界団体です。今や部工会会員企業の自動車部品出荷額は約20兆円になり、国内のみならず世界の自動車づくりを支えています。
自動車を安全・快適に走行させるために、ひとつひとつの高品質な部品が大きく寄与しております。自動車部品産業を取りまく環境は一段と厳しく、構造変化の対応、環境問題への対応、国際協調の促進など多くの課題を抱えており、部工会では会員会社と共に総力をあげてこれらの問題に前向きに取り組んでおります。
部工会では、自動車産業を通じて「くるま社会」の健全な発展を図ると共に、わが国経済・社会の発展に貢献すべく、積極的な事業活動を展開して参ります。
 

■ 名  称 一般社団法人日本自動車部品工業会(略称:部工会)
■ 英文名称 Japan Auto Parts Industries Association (JAPIA)
■ 所 在 地 〒108-0074 東京都港区高輪1-16-15 自動車部品会館5階
■ 目  的 自動車部品に関する諸課題に取り組み、我が国自動車部品工業の発展を図り、もって我が国経済の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。
■ 事  業

(1)自動車部品の生産、流通及び輸出入に関する調査、研究並びに各種統計調査資料の作成及び刊行
(2)以下の事項に関する調査・研究及び提言
 ① 自動車部品及び自動車部品産業の振興及び理解促進に関すること
 ② 自動車部品の基準・規格の標準化に関すること
 ③ 自動車部品の生産技術、安全技術及び環境技術に関すること
 ④ 自動車部品及び自動車部品産業の環境保全に関すること
 ⑤ 自動車部品及び自動車部品産業の知的財産保護に関すること
 ⑥ 自動車部品及び自動車部品産業に係る政府施策に関すること
 ⑦ 自動車部品及び自動車部品産業の電子情報化に関すること
 ⑧ 自動車部品の貿易及び自動車産業の国際的なビジネス環境に関すること
 ⑨ 自動車部品産業の経営環境に関すること
 ⑩ 自動車部品産業の人事労務、安全衛生、技能振興及び労使関係に関すること
 ⑪ 交通安全の推進に関すること
 ⑫ 自動車及び自動車産業に関すること

■ 沿  革

1938年(昭和13年)7月 1日 全国自動車部分品工業組合連合会(任意団体)
1948年(昭和23年)5月 1日 自動車部品工業会(任意団体)
1969年(昭和44年)8月23日 社団法人日本自動車部品工業会
2011年(平成23年)12月1日 一般社団法人日本自動車部品工業会

■ 会員資格

▼正会員
 自動車部品の開発又は製造を営む法人

▼準会員
 自動車部品の販売、貿易を営む法人
 自動車部品の利用消費に係わる事業を営む法人
 自動車部品の材料の開発、製造、販売、貿易を営む法人
 自動車部品の品質・性能の維持向上に資する機器の開発、製造、販売、貿易を営む法人

▼特別会員
 学識経験者
 自動車産業政策を推進する地方公共機関等