『ケニア・ナイロビにおける模倣品流通調査報告会』

『ケニア・ナイロビにおける模倣品流通調査報告会』

 知的財産権部会では毎年一カ国を選定し、同国内の模倣品流通調査を実施しております。今年度はケニア・ナイロビにおける模倣品流通として、現地ナイロビの自動車部品販売店舗から特定ブランドの模倣品を購入し、上流調査をおこなうものです。
今回の報告会では、市場の汚染状況や今後の対策方法等について、調査を業務委託しております弁護士法人キャストグローバルのパートナー弁護士である島田敏史様にご説明いただきます。

下記ご参照の上、ぜひご参加ください。


概要

【日 時】2024年3月15日(金) 16:00~17:30
【形 式】Zoomウェビナー
【講 師】弁護士法人キャストグローバル パートナー弁護士 島田 敏史様

【参加費】無料
【申込方法】こちらよりお申込みください。
      ※複数でご参加の場合お申込みは1名ずつお願いします。

【申込締切】2024年2月26日(月)中
【案内状】こちらよりご覧ください。


講演内容

・ケニア・ナイロビにおける模倣品流通調査 第1次調査結果※について 他
・質疑応答
 ※第1次調査とはナイロビの市場等(Kirinyaga Road、Baricho Road、Dar es Salaam Road等における約50~100 店舗での模倣品確認調査)

 
お問い合わせ:一般社団法人日本自動車部品工業会 国際部 土居、日髙 chizai@japia.or.jp 03-3445-4213